大人ニキビを治したい

誰もが悩む大人ニキビの予防&撃退法

ニキビ

私は中学生の頃から、ポツポツと顔のあちらこちらにニキビができはじめ、今でもニキビ(吹き出物)に悩まされています。

 

特に女性は月経によるホルモンの影響が体に出やすく、お肌も敏感になるので、毎月のように悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

私が普段から取っているニキビ対策ですが、まずは油っこい物や甘いものを摂り過ぎない事です。

 

ニキビに悩んでいる方は、もうご存知かもしれませんが、食生活とお肌は本当に密接に関係していると思います。特にチョコレートは、私の場合はすぐにニキビができてしまうので、特に気を付けた方がいいと思います。

 

りんご

しかし疲れている時は、どうしても甘いものが欲しくなりますよね。そんなとき私は、糖質ゼロの飴を舐めたり、チョコレートを2カケラだけ食べたり…、後はフルーツ(バナナやリンゴ等)の甘さを採るようにしています。

 

フルーツですと、バナナ1本でも結構お腹が満たされますし、オレンジやキウイはビタミンが豊富なので、お肌にも効果的で一石二鳥です。

 

それでも、やっぱりニキビは突然できてしまうものですよね。私の場合は、なるべく触らないように清潔を心がけて、オロナインやビフナイトをたっぷり塗る事を心がけています。

 

それだけでも、膿んでしまうのを防げるので、やはり治りも早いです。そして、なるべくお肌に負担をかけたくないので、お化粧はしないようにしています。

 

やはりお化粧をしてしまうと、コンシーラー等でニキビを隠すように塗ったり、メイク落とし洗顔の刺激も、お肌に負担をかけてしまうからです。

 

大人ニキビは、生活習慣が影響する原因となりますので、規則正しい生活を心がけましょう。
また、乾燥しているとニキビができやすくなりますので、化粧水や保湿クリームを使ってお肌に潤いを与えることも大切です。

 

 

背中ニキビを撃退させる予防法

 

あと、背中のニキビに悩んでいる方にオススメの予防法をご紹介します。
とても簡単な方法なので、どなたでも実践できると思います。

 

皆さんは、まずお風呂に入るとき、頭と体のどちらを先に洗いますでしょうか。
実はこの順番が大事なのです。

 

背中のニキビの原因の1つとして、シャンプーやトリートメントの洗い残しがあります。
特に、トリートメントはお肌に付くとなかなか落ちにくいので、まずは洗髪してから、体を洗うように心がけると、ほとんどは背中のニキビを防げるのです。

 

ニキビの原因は、体質やストレス、お肌の乾燥、食べ物など様々ですが、最後にお肌が脂っぽかったり乾燥してしまうという方にオススメの物があります。それはどこの薬局にも売っているワセリンです。

 

もちろん化粧水にもワセリンが配合されているとおもいますが、皮膚科に行くとまずはワセリンを処方されます。やはり、化粧水よりもお肌に一番浸透してくれるし、薬局ではお安く手に入ります。

 

オイリー肌の方は、脂っぽくなるから、あまり保湿をしないようにしてる方もいるのではないでしょうか。しかし、実はそれは逆効果で、乾燥しているからこそ、お肌が過剰に脂を出してしまうのです。なので、敏感なお肌の方にも安心して使えるワセリンで、まずはしっかり保湿から初めてみてはいかがでしょうか。

 

ワセリン以外にも背中ニキビ専用の保湿ジェルなどもあるので、気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。背中ニキビ治し方徹底ガイド l ニキビ跡まで早く治す秘密

 

 

顔ニキビ背中ニキビのまとめ

 

ニキビの原因は、食事などの生活習慣やホルモンバランスの乱れなど様々。まずやるべき改善方法としては、食生活や睡眠などの生活習慣の見直し、そして保湿などスキンケアを怠らないことです。

 

これらを実践することによって、ニキビは改善に導かれるでしょう。
万が一、クレーターのようなニキビ跡が残りそうな、深くて酷いニキビがある場合は、自己処理よりも皮膚科での診察をおすすめします。ニキビは立派な皮膚病なので、皮膚科での受診が可能です。

 

早く顔や背中にできる大人ニキビを改善して、自信のもてる肌を手に入れましょう。

 

 

 

 

 

 

 

お尻には毛穴が多くあり、皮脂分泌も激しい場所ですからニキビ発生のリスクがあります。

 

この部位のニキビは治るまでに時間がかかる傾向があり、どうしても普段から衣類で覆われて蒸れやすかったり、座っていると常に圧力刺激がかかり、ニキビが悪化しやすい場所です。

 

知らない間にお尻ニキビが出来て、いつの間にか潰れて跡残りが出来ていたという例は多く、出来るならばニキビ自体を発生させずに悪化しない形で治したいものと言えます。

 

この部位のニキビを治療改善する時のポイントは、顔のスキンケアと同様に洗浄や保湿を徹底して、衣類を清潔にする事が挙がり、他にも体の内側から改善させる為にも生活習慣を見直す事が有効です。

 

洗浄時にはお尻をタオルで摩擦するような事はせずに、手洗いで泡立てた泡を使って洗浄する事が望ましく、このようにして刺激を与えずに皮脂汚れ等を取り除く事が有効と言えます。

 

さらに保湿ケアは重要であり、乾燥を招きやすいお尻にも保湿化粧水等でケアを行う事で、外部刺激にも強くなってニキビ改善の可能性が高くなるのです。

 

お尻に触れる機会がある下着は清潔なものを使って、細菌増殖し難い環境を作ったり、なるべく座った時にも圧力をかけない形で座る事も必要になります。

 

体の外側から出来るスキンケアはこういった事であり、ニキビ発生は外部要因だけではなく、食生活や運動、睡眠、ストレス等によっても引き起こるものですから、生活習慣の見直しによって体の内側からのケアが必要です。

 

食事に関しては脂モノを減らして食物繊維が豊富な野菜や果物を積極的に食べたり、運動によって代謝を高めたり、睡眠を充実させてストレス緩和する事は、お尻に限らず全てのニキビに対して有効な改善策と言えます。

 

睡眠不足になれば皮脂の過剰分泌が起こったり、ストレスが溜まって血管収縮によって体に毒素が溜まりやすくなりますから、睡眠を充実させる事はニキビ治療には非常に大切な事です。

 

食事によってニキビは作られる側面もありますから、肉食主体で腸内環境を崩してしまうと、ニキビ発生の可能性は劇的に高まり、顔や背中、お尻、様々な部位にニキビ発生させてしまう可能性があります。

 

代謝や免疫力を高める事が必要であり、その為にも生活習慣を整える事は必須です。

 

こうしたお尻周辺を意識した外部からのスキンケアや、体全般を整える内部からのスキンケアによって、お尻ニキビを発生させずに悪化も防ぐ事が可能になります。

 

ニキビの場合、「ニキビぐらいで、病院?」と思って、市販の薬で済ませたり、中には、放置してしまう人も多くなっています。
しかし、ニキビも立派な皮膚トラブル。その為、跡を残さず、少しでも早くきれいに完治させるためには、やはり、皮膚科の受診する事が一番かと思います。

 

基本的にニキビの治療で皮膚科を受診した場合、保険適応で診察を受ける事が可能です。その為、一般的な病気で病院に行く事と同じような感覚で治療を始める事ができるようになっているのです。

 

もちろん、保険適応で治療薬も受け取る事ができ、毛穴のつまりを取り除く塗り薬である外用レチノイドや炎症を起こしていないニキビには、イオウ製剤。その他、抗菌薬の場合は、飲み薬、塗り薬の両方を処方される事もあります。

 

これらの薬は、やはり、皮膚科でのみ受け取る事ができる薬が主になっており、ドラックストアなどのニキビ薬に比べても、自分にあった最適な薬を選び、治療を行う事ができるようになっています。

 

また、このような薬の処方以外にも、皮膚科でのニキビ治療の場合は、ストレスなどの影響を受け、ニキビができていると判断された場合、ホルモン療法なども受ける事が可能になっています。低用量ピルの処方などを受けてのニキビ治療においては、病院でしかできない治療方法になっていると思います。

 

そんな、薬での治療の他、皮膚科を受診する事で、皮膚科でもニキビの治療を行ってもらう事が可能です。例えば、毛穴の詰まりを取り除く治療やクレーターニキビになってしまっている場合、中には、保険適応外になってしまいますが、注射での治療、レーザー治療なども行う事が可能になっています。

 

これら一連のニキビ治療を行う事ができる場所は、やはり、皮膚科しかありません。簡単なニキビで、すぐに治ってしまうような場合は、市販の薬で十分かと思いますが、なかなか治らないニキビや数が多い場合などは、早めに皮膚科に行く事もお勧めです。

 

一見、皮膚科に行く事で、いくら、保険適応で診察を受ける事ができると言っても、費用がかかってしまうように思えますが、何度も薬を買い替えたりする事を考えれば、医師の診断の元、自分のニキビにあった薬をもらった方が、結果、費用を抑えて、そして、早くきれいに完治させる事ができる場合も考えられます。

 

その為、ニキビが気になるような場合は、できれば、早めに皮膚科に受診してみてはいかがでしょうか。そうする事で、跡も残らず、きれいな肌を維持する事ができると思います。

ついつい油っぽい食事を食べすぎちゃった次の日や、夜更かしして満足に顔も洗わずに寝てしまった次の日なんかに、やっぱりできてしまって後悔するのがニキビですよね。

 

わたしも何度も同じような過ちを犯してニキビで悩んできましたが、その度にいろいろなケアも試してきました。そこで、わたしなりのオリジナルニキビ対策を紹介します。

 

まず何と言ってもニキビを作らないことが大事です。
経験上、食事と一緒に十分な水分を摂ることがニキビ予防に繋がります。

 

ラーメンなど食べに行ったときは、汁も残さず飲むわたしですが、一緒に水も最低でもコップ2杯は飲みます。
もしそのラーメン屋さんが、注文時に「スープの油少なめ」が指定できるところなら、ぜひ油少なめを注文することをおすすめします。イメージとしては、摂取した油を薄める感じで水を飲みます。

 

そして、トイレを我慢しないことです。水分を意識して摂っていると、どうしてもトイレが近くなりますが、我慢せずに頻繁に排泄することで身体に不要なものをどんどん出し、ニキビとして肌から出てくることを予防します。

 

これはラーメンに限らず毎日の食事でも同じようにすることで簡単に習慣化できるので、ぜひニキビで悩む皆さんにお試ししてほしいです。

 

洗顔もニキビ対策には大切

 

そしてもちろん、洗顔も大切です。
朝起きたら洗顔料をよく泡立てて、丁寧に洗います。ベタついているからといって、よく洗おうとゴシゴシこするように洗ってはいけません。肌を痛めてバイ菌が入りやすくなり、ニキビの他にも肌トラブルを招きかねません。

 

洗顔はよく泡立てた泡で顔を包み込むように洗い、流すときはたっぷりの水かぬるま湯で、やはり手で肌をこすらないように、水の勢いを利用して流します。

 

洗顔後の仕上げは自分のお肌に合った化粧水や乳液を使って仕上げます。ちなみにわたしはオイリーな肌質なので、乳液は使っていません。これもわたしのニキビ予防には利いています。

 

夜は必要がないなら、早めに化粧を落とします。メイク落としには、二度洗いいらずのリキッドタイプのものを使っていますが、わたしはさらにお肌に潤いを与えるタイプの固形石鹸で顔を洗います。

 

そして化粧をしなかった日でも、同じリキッドで洗います(その時は二度洗いはしません)。毛穴のポツポツが取れて、ツルスベになるからです。でも肌の弱い方にはあまりお勧めできません。

 

さて、それでもニキビができてしまったときですが、そのニキビがまだ出来立ての小さいうちは、洗顔したり汗をかいたり、食事は油っぽいものを避けて、夜は睡眠をよくとることで、かなりの確率で無くすことができます。

 

でも大きなブチッとしたニキビができてしまったときには、ちょっと臭いますがビフナイトを使っています。

 

洗顔後、夜寝る前にニキビだけに付けます(ニキビからはみ出ると、そこが痒くなります)。夜寝ている間に大きなブチッが小さくなっているので、そのあとは洗顔、汗をかく、油っぽいものを食べない、よく寝るのサイクルで、跡も残らず早めに治ります。

 

わたしは肌が丈夫なほうなので、敏感肌の方には向かない対処法かもしれませんが、食事法の方はおすすめです。バイ菌が心配なのでニキビはつぶさない方がいいですよ。

敏感肌の方は、肌の水分量と皮脂量のバランスが崩れてしまいやすく、肌バリアの機能が低下した状態にあります。そのため、紫外線やほこり、タオルの摩擦といった外部からの刺激をダイレクトに受けやすくなっています。
それにより、化粧水がしみたり、赤味が出たり、ピリピリしたりといった反応が出てしまいます。

 

ちょっとした刺激で炎症が起こりやすい状態にあることから、ニキビもできやすくなっているのです。敏感肌の方のニキビ対策は、スキンケアが大切なポイントとなります。
肌が敏感になっている状態ですので、極力、毎日のスキンケアでは、肌への負担を減らしたいところです。

 

まず、クレンジングでオススメなのは、クリームタイプのものです。オイルタイプのクレンジングは、洗浄力は高いですが、その分必要な皮脂を落とし過ぎてしまい、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

 

ミルクタイプは水分量が多いので肌にもやさしいのですが、メイクがしっかり落とし切れないことがあります。その点、クリームタイプなら、水分と油分のバランスがいいので、敏感肌の方にも最適です。

 

洗顔料は、泡立ちがよく、泡切れのいいタイプのものを選びましょう。敏感肌の人にとって、擦るという刺激は一番の大敵となります。そのため、泡でやさしくスッキリ皮脂や汚れを洗い落とせる洗顔料が最適です。

 

敏感肌にもやさしく使え、汚れもスッキリ落とせる植物成分の含まれたものがオススメです。ヌルっとした洗い上がりの洗顔料や、ピーリング作用のある酵素洗顔料は避けるようにしましょう。

 

洗顔後は肌の乾燥が進みやすい状態にあります。
肌の乾燥を防ぐためにも、化粧水は洗顔してから3分以内に行うようにしましょう。
敏感肌の方に最適な化粧水は、オイルコントロール効果のあるものや、抗菌や殺菌などニキビ予防効果のあるものがオススメです。

 

保湿はニキビケアでも大切な要素なので、化粧水でしっかり肌の水分量を補給する必要があります。そのためにも、しっとりとするタイプのものを選ぶのが効果的です。さっぱりタイプや収れんタイプの化粧水はNGです。

 

化粧水でケアした後、クリームや乳液でさらに保湿力を高めます。
オススメなのは、抗酸化作用や抗老化作用のある成分が配合されたものです。
注意したいのは、油分が多いものだとニキビが悪化したり、できやすくなってしまいます。
ベタつかずに、スーッと馴染む感じの丁度いいしっとり感のものがオススメです。

 

この他にも、ニキビ対策に効果的な成分には、グリチルリチン酸2K、トウキエキス、ローヤルゼリーエキス、加水分解酵母エキスなど様々あります。ただ、敏感肌の方とっては、ニキビ対策に効果的な成分が含まれていること以外にも、肌に合う合わないが重要になってきます。

 

効果的なニキビケアをするためにも、自分の肌との相性がいいスキンケア化粧品を見つけることが大切です。